文字サイズ

大標準小

 Q&A よくある質問


 

休館日・開館時間について

  1. 図書館は何時から何時まで開いていますか?
  2. 図書館の休館日はいつですか?

登録・利用者カードについて

  1. 利用者カードを作りたいのですが、何が必要ですか?
  2. 古賀市民ではないのですが、利用者カードは作れますか?
  3. 通勤の証明は名刺でいいですか?
  4. 家族の利用者カードは作れますか?
  5. 利用者カードを紛失したときは、どうすればいいですか?
  6. 住所・電話番号が変わったのですが、手続きは必要ですか?
  7. 何年か使っていない利用者カードがあるのですが、有効期限はありますか?
  8. 転出のため使わなくなる利用者カードは、どうすればいいですか?

貸出し・返却について

  1. 本や雑誌など(資料)を借りるためには何が必要ですか?
  2. 何冊まで借りられますか?
  3. 借りられる期間はどれぐらいですか?
  4. 利用者カードを持ってくるのを忘れました。本を借りられますか?
  5. 借りている本の貸出し延長はできますか?
  6. 返却ポストに返したのに、返却になっていないときがあるのはなぜですか?
  7. 以前自分が借りていた本を教えてください。

調べもの・相談(レファレンス)について

  1. 新聞・雑誌は、どのようなものを置いていますか?
  2. どの資料で調べればいいのかわからないのですが、どこで聞けばいいですか?
  3. 「レファレンス」とは、何ですか?

予約・リクエストについて

  1. 本を予約したいのですが、どうすればいいですか?
  2. シリーズ物を予約したいのですが、1巻から順番に借りられますか?
  3. 用意ができた予約資料は、いつまでに借りに行けばいいですか?
  4. 古賀市立図書館にない本が読みたいのですが。
  5. 古賀市立図書館にない資料をリクエストしたときは、借りられるまで何日くらいかかりますか?
  6. 予約・リクエストをしたのに、なかなか順番が回ってこないのはなぜですか?
  7. Webサイトの予約連絡を、電話でほしいのですが?
  8. Webサイトの予約カートが表示されないのですが?

資料の紛失・破損などについて

  1. 借りた本を紛失してしまいました。
  2. 本(雑誌)を破ってしまいました。セロハンテープを貼ればいいですか?
  3. 借りた本(雑誌)に赤ちゃんがマジックで落書きをしてしまいました。どうすればいいですか?
  4. 借りた本を、濡らしてしまいました。乾かせばいいですか?
  5. 借りてきた本に、書き込みや破れがありました。どうすればいいですか?
  6. 借りていたDVD(CD、ビデオ)をなくしてしまいました。どうすればいいですか?

複写(コピー)について

  1. 複写(コピー)はできますか?
  2. 一人で2部以上複写(コピー)することはできますか?
  3. 自分が持ち込んだ本やノートを複写(コピー)できますか?
  4. 図書館の資料を複写(コピー)したものを、FAXやメールで送ってもらうことはできますか?
  5. なぜ、申込書に書かなければいけないのですか?
  6. 本を丸々1冊複写(コピー)することはできますか?

その他

  1. 図書館に本を寄贈したいのですが。
  2. 学習室はありますか?
  3. 新聞を机で読んでもいいですか?
  4. パソコンを持ち込むことはできますか?
  5. インターネットはできますか?
  6. 図書館内で飲食はできますか?
  7. 整理休館日とはなんですか?
  8. 蔵書点検とはなんですか?
  9. 館内放送で呼び出しをしてもらえますか?
  10. 公衆電話はありますか?
  11. 館内の撮影はできますか?
  12. 携帯電話のアドレスに図書館からのEメールが受信できません。

 

休館日・開館時間について

Q.図書館は何時から何時まで開いていますか?

10時から18時までです。

Q.図書館の休館日はいつですか?

月曜日(祝日の場合は翌平日)、整理休館日(毎月第4木曜日)
この他に、年末年始(12月28日から1月4日まで)、蔵書点検期間中が休館となります。

このページのトップへ


 

登録・利用者カードについて

Q.利用者カードを作りたいのですが、何が必要ですか?

現住所や氏名が確認できるもの(健康保険証・運転免許証・住民票など)をお持ちのうえ、利用者カード交付申請書に必要事項を記入してカウンターにお越しください。
※小学生は、なるべく保護者同伴でお願いします。

Q.古賀市民ではないのですが、利用者カードは作れますか?

カードを作れるのは、古賀市にお住まいの方、または市内に通勤・通学している方、福岡都市圏にお住まいの方です。

 

福岡都市圏とは 【福岡都市圏17市町】
福岡市、筑紫野市、春日市、大野城市、宗像市、太宰府市、古賀市、福津市、糸島市、那珂川町、宇美町、篠栗町、志免町、須恵町、新宮町、久山町、粕屋町

Q.通勤の証明は名刺でいいですか?

通勤の証明書は、事業所が古賀市であることがわかる健康保険証や雇用証明書をお持ちください。
名刺や車の入庫証などは受け付けていません。

Q.家族の利用者カードは作れますか?

手続きは、原則としてご本人の来館が必要です。
小さいお子さんや赤ちゃんの場合も、利用者カードを作るご本人をお連れいただいての登録をお願いしています。家族の方の代理では、作ることができません。
ただし、身体的事情などにより来館が困難な場合はお問い合わせください。

Q.利用者カードを紛失したときは、どうすればいいですか?

再発行の手続きが必要です。手続きは新規でカードを作成するときと同様になりますので、運転免許証や健康保険証、住民票など現住所や氏名を確認できるものをお持ちのうえ、利用者カード再交付申請書に必要事項を記入してカウンターにお越しください。
再発行は有料(100円)です。

Q.住所・電話番号が変わったのですが、手続きは必要ですか?

登録情報を変更しますので、新しい住所が確認できるもの(運転免許証、健康保険証、住民票など)をお持ちのうえ、利用者カード交付申請書に必要事項を記入してカウンターにお越しください。

Q.何年か使っていない利用者カードがあるのですが、どうしたらいいですか?

使えるかどうかをお調べしますので、念のため、ご住所が確認できるものをお持ちの上、図書館にお越しください。
住所等の変更がある場合は、健康保険証・運転免許証・住民票などが必要です。なお、ご本人が更新手続きをされるようお願いします。
利用者カードは捨てないでください。

Q.転出のため使わなくなる利用者カードは、どうすればいいですか?

貸出中や予約中の資料(本、雑誌、AV資料など)がないことを確認の上、図書館までお返しください。

このページのトップへ


 

貸出し・返却について

Q.本や雑誌など(資料)を借りるためには何が必要ですか?

利用者登録をしていただき、利用者カードを発行します。本や雑誌など(資料)の貸出しに必要です。
また、予約・リクエストをする際には、利用者カード裏のバーコード下の利用者番号が必要です。

Q.何冊まで借りられますか?

本と雑誌(最新号は除く)、紙芝居は合わせて10点、CD・カセットブックはそれぞれ2点、ビデオ・DVDはいずれか1点です。

Q.借りられる期間はどれぐらいですか?

本、紙芝居は15日間、雑誌・AV資料(CD、DVDなど)は8日間です。

Q.利用者カードを持ってくるのを忘れました。本を借りられますか?

利用者カードを忘れた場合は、貸出しができません。

Q.借りている本の貸出し延長はできますか?

貸出期間内で 次に予約がなければ一度だけ延長ができます。利用者カードをお持ちのうえ、貸出カウンターでお申し出ください。
手続きした日から、本は15日間、雑誌は8日間の貸出期間の延長ができます。 延長期間は、当初の返却期限日から15日間(雑誌は8日間)の延長ではありませんのでご注意ください。また、図書館のWebサイトからも延長の手続きができます。
   ※CDやビデオなどのAV資料の延長はできません。
   ※本・雑誌に予約が入っている場合は貸出し延長はできません。

Q.返却ポストに返したのに、返却になっていないときがあるのはなぜですか?

閉館している図書館(休館日・閉館時間中)の「返却ポスト」に返却された本や雑誌は、その翌開館日に、職員が手作業で返却処理を行うまでは、返却扱いになりません。
また、JR古賀駅の返却ポストに返却された場合は、図書館での返却処理が完了するまで2日ほどかかる場合があります。本を返却後、すぐに次の本を借りたい場合は、直接、図書館カウンターへご返却ください。
特に「蔵書点検」中や、「年末年始」などの、数日にわたる休館の場合、その休館期間中には返却処理ができません。そのため、返却ポストの返却分は、数日にわたって貸出中(返却期限切れの場合は延滞扱い)になります。ご注意ください。

Q.以前自分が借りていた本を教えてください。

個人情報保護のため、貸出しの履歴が残らないようになっています。利用者が本や雑誌などの資料を返却されると貸出記録は消去されます。もう一度読みたいと思っている本の題名はご自身でメモしておくか、Webサービスをご利用されると『借りた本の履歴の保存』ができます。 どのような本だったかを覚えていれば、職員が探す手伝いをします。

このページのトップへ


 

調べもの・相談(レファレンス)

Q.新聞・雑誌は、どのようなものを置いていますか?

「新聞・雑誌一覧」のページをご覧ください。

Q.どの資料で調べればいいのかわからないのですが、どこで聞けばいいですか?

学習や仕事、生活面での課題を解決したい方は、レファレンスデスク、または職員にお尋ねください。お求めの情報が得られるように、資料の紹介をし、調べ方のご案内をします。

Q.「レファレンス」とは、何ですか?

レファレンスとは、利用者から図書館に寄せられる質問・相談について、図書館の機能を活用して資料の提示・回答を行うなど利用者を支援する情報提供サービスのことをいいます。
レファレンスデスクでは、職員が様々な資料を使って、調べもののお手伝いをします。お気軽にご相談ください。

このページのトップへ


 

予約・リクエストについて

Q.本を予約したいのですが、どうすればいいですか?

読みたい本や雑誌が貸出中の場合は予約することができます。「予約・リクエストカード」に書名・著者名・出版社などなるべく詳しく記入して、カウンターまでお持ちください。またWeb予約もできます。

本、雑誌あわせて10冊までです。(Web予約含む)

当館にない場合は購入したり、他の図書館から借りたりしてリクエストにお応えします。

貸出準備ができたら、電話、またはWeb登録されている場合はメールでご連絡します。

※内容が同じもの(文庫本と単行本、旧版と新版、改版、出版社変更、全集など)をご用意することがありますので、ご承知ください。
※AV資料の予約、リクエストは受け付けていません。

Q.シリーズ物を予約したいのですが、1巻から順番に借りられますか?

シリーズ物の予約をされた場合、原則として用意できた本から提供しています。シリーズの1巻から3巻までや上下巻の本を順番に借りたいときは、借りたいものから1冊ずつ予約してください。一度に複数予約されますと、順番が前後することがあります。

Q.用意ができた予約資料は、いつまでに借りに行けばいいですか?

予約資料が準備できると、電話連絡、またはWeb登録されている場合は「貸出準備完了」メールを送ります。電話やメールでご連絡した日から、1週間以内に借りに来てください。 1週間を過ぎると予約は取り消されます。

Q.古賀市立図書館にない本が読みたいのですが。

本、雑誌は、リクエストができます。「予約・リクエストカード」に書名・著者名・出版社などなるべく詳しく記入して、カウンターまでお持ちください。
多くの利用が見込まれるなど、図書館として必要な本は購入します。その他の場合については、福岡県内の図書館から本を取り寄せ、貸出しをすることもあります。(図書館同士が、お互いに資料を貸し借りするしくみを「相互貸借」といいます。)
購入、相互貸借どちらの場合も、用意するまでに多少の日数を要しますので、あらかじめご了承ください。
資料によっては借受できないもの、館内でご利用いただくものがあります。また、古い資料などは用意することができずにお断りすることがあります。あらかじめご了承ください。

Q.古賀市立図書館にない資料をリクエストしたときは、借りられるまで何日くらいかかりますか?

古賀市立図書館に所蔵がない資料は、購入または福岡県内の図書館に相互貸借を依頼しますが、借受先図書館での貸出し状況等により、数週間かかることがあります。 また、各図書館の蔵書点検期間中などは業務が停止していますので、その間借受はできません。
購入、相互貸借どちらの場合も、用意するまでに多少の日数を要しますので、あらかじめご了承ください。

Q.予約・リクエストをしたのに、なかなか順番が回ってこないのはなぜですか?

順番が1番なのに、2週間以上順番が回ってこないなどの原因には、次のような理由が考えられます。

  • 予約した時、前の予約者が「予約確保」の状態で借りていない場合

    予約確保期間(取り置き期間)が1週間あり、その後その予約者が借りたときは、3週間程度かかることがあります。

  • 前の貸出者が個人の利用者ではない場合

    学校などの団体や、他の自治体の図書館に相互貸借で貸出したりしている場合は、個人よりも長い30日間の貸出し期間なので、通常よりも遅くなります。

  • 前の貸出者が延滞している場合

    この場合には、延滞者に早く返すよう督促を行っています。

  • 雑誌の最新号の場合

    雑誌の最新号は、次の新しい雑誌が登録されてからの提供になります。
    (NHKのテキストは、次月になってからの提供になります。)

  • リクエストされた資料が古賀市立図書館に所蔵がない場合

    他の図書館に貸借を依頼したり、購入したりする場合は、その資料の受入・整理が終わってからの提供になります。

  • 蔵書点検期間(休館中)などで、業務が停止している場合

    各図書館の蔵書点検期間は、返却処理や他館との相互貸借などの業務は停止しています。休館中は予約をされても、蔵書点検期間が終了するまでは用意することができません。また、休館中に貸出・予約の取り置きをしている資料は、休館の日数分、貸出期間や予約取置期間が延長されます。

以上のように予約した時に前に予約者がいなくても、提供まで時間がかかる場合がありますのでご理解ください。

Q.Webサイトの予約連絡を、電話でもらえますか?

ホームページから予約が可能な方は、「利用状況表示」からご自身の予約状況も確認することができるので、「メール連絡」か「連絡不要」のみとしています。

Q.Webサイトの予約カートが表示されません。

Web予約が出来るのは、図書館所蔵の貸出中の本・雑誌のみとなっており、貸出しされていない資料は予約カートが表示されません。

このページのトップへ


 

資料の紛失・弁償などについて

Q.借りた本を紛失してしまいました。

図書館資料は市民の財産ですので、紛失されたときは原則として弁償していただくことになります。
すみやかに図書館へお申し出ください。

Q.本(雑誌)を破ってしまいました。セロハンテープを貼ればいいですか?

破損したときは、ご自分で修理せず、現状のまま図書館にお持ちください。
セロハンテープなどで補修されますと、かえって本を傷めることになります。
なお、図書館で修理できない破損は、弁償していただくことになります。

Q.借りた本(雑誌)に赤ちゃんがマジックで落書きをしてしまいました。どうすればいいですか?

そのままの状態で図書館にお持ちいただき、カウンターでその旨をお申し出ください。
図書館で消去を試みますが、次の利用に支障が出たときは、弁償していただくことになります。

Q.借りた本を、濡らしてしまいました。乾かせばいいですか?

至急、そのまま(乾かさないまま)の状態で図書館にお持ちください。
図書館で処置を試みますが、水以外で濡れたりページが貼りついたりして、次の利用に支障が出たときは、弁償していただくことになります。

Q.借りてきた本に、書き込みや破れがありました。どうすればいいですか?

返却時にお知らせください。

Q.借りていたDVD(CD、ビデオ)をなくしてしまいました。どうすればいいですか?

CD・ビデオ・DVDなどAV資料は、現金で弁償していただくことになります。現物での弁償はお受けできません。
ビデオとDVDは図書館での利用に際して、著作権許諾が得られたものを補償金込みの金額で購入しており、市販のビデオ、DVDは、図書館での利用ができません。そのため、紛失および破損の場合には、補償金込みの金額にて現金弁償していただきます。
また、弁償価格については図書館で利用するための著作権料が含まれており、市販価格よりも高額となりますので、ビデオ、DVDの取り扱いには充分ご注意ください。

このページのトップへ


 

複写(コピー)について

Q.複写(コピー)はできますか?

「著作権法」に基づき、定められた範囲内で複写(コピー)することができます。

複写(コピー)するには、次の条件を満たす必要があります。
  当館所蔵の資料であること
  個人の調査研究を目的とすること 営利を目的としない複写(コピー)であること
  複写(コピー)するのは、原則として資料の一部分(1著作物の半分まで)であること
  複写(コピー)行為の主体が図書館であること
  一人につき1部であること

複写(コピー)をする際は、カウンターで資料複写申込書に記入の上、お申し込みください。
複写(コピー)は有料です。(白黒 1枚10円、カラ― 1枚80円)

複写(コピー)ができない資料は、次のとおりです。
  ・複写(コピー)することが困難な資料
  ・その他、館長が指定した資料

「著作権法第31条」の規定に基づき著作権者の利益や権利を守るため、複写(コピー)できる資料や範囲が限られています。

Q.一人で2部以上複写(コピー)することはできますか?

できません。図書館での複写(コピー)は一人1部に限ります。

Q.自分が持ち込んだ本やノートを複写(コピー)できますか?

できません。複写(コピー)は、古賀市立図書館資料に限ります。

Q.本を丸々1冊複写(コピー)することはできますか?

できません。図書館の資料を複写する場合、複写できる範囲は資料の半分以下に限られています。

Q.図書館の資料を複写(コピー)したものを、FAXやメールで送ってもらうことはできますか?

できません。著作権法第23条「公衆送信権」により、電話回線やインターネットなどを通じて複写した資料を送信することが制限されています。

Q.なぜ、申込書に書かなければいけないのですか?

図書館では、著作権法第31条に基づき、以下を厳守するという条件のもとに、許諾なしに複写することが認められています。

  ・当館所蔵の資料であること
  ・個人の調査研究を目的とすること 営利を目的としない複写(コピー)であること
  ・複写(コピー)するのは、原則として資料の一部分(1著作物の半分まで)であること
  ・複写(コピー)行為の主体が図書館であること
  ・一人につき1部であること。

これらの条件を満たしているかどうかを確認するため、資料複写申込書に記入し提出することが「古賀市生涯学習センター条例施行規則」に定められています。

このページのトップへ


 

その他

Q.図書館に本を寄贈したいのですが、どうすればいいですか?

ありがとうございます。
原則として、次のような資料に限り、寄贈を受けています。
  ・現在(寄贈いただく時点で)、予約が多数入っている本 、ベストセラー
  ・児童書(ロングセラーの絵本など)
  ・古賀市に関する資料
但し、上記の資料に該当しても、汚れや破損がある場合や、既に所蔵している数が十分である場合、配架する棚に余裕がない場合など、寄贈としてお受けできないことがありますので、寄贈されるときは必ず事前にご連絡下さい。なお、寄贈された資料の活用方法については、図書館に任せていただくことになります。ご了承願います。

Q.学習室はありますか?

図書館の資料を使って調べ物や閲覧する方のための、椅子と机はあります。持ち込みの学習資料などを使っての利用や新聞閲覧はご遠慮ください。新聞は、所定の場所での閲覧をお願いします。

Q.新聞を机で読んでもいいですか?

新聞閲覧コーナーをご利用ください。

Q.パソコンを持ち込むことはできますか?

私物のノートパソコンは一人用の机で使用できます。コンセントは使えません。また、プリンター等音がする機器の使用はできません。
まわりの利用者の迷惑にならないよう配慮し、必ずパソコンから出される音を消してご使用ください。

Q.インターネットはできますか?

利用者向けのインターネット用パソコンが1台あります。
一人・1回30分間利用できます。カウンターでお申し込みください。
次に使う人がいない場合のみ、1回(30分)延長ができます。
  ※画面の印刷はできません。

Q.図書館内で飲食はできますか?

図書館内は飲食禁止です。あめやガム、お茶などの飲食はできません。菓子類やペットボトルを持参された方は、入館の際にカバン、手提げに収納し、館内の机やイスの上に置かないようにしてください。
ただし、ロビーの所定の場所でのみ、飲み物を飲むことができます。

Q.整理休館日とはなんですか?

毎月第4木曜日に休館して、書架の整理・資料の修理や、機器のメンテナンスなど、開館中にはできない作業をおこなう日です。

Q.蔵書点検とはなんですか?

図書館が年に一度実施する図書館資料の点検、データ補正、製本修理や、普段資料が並んでいるときにはできない棚の清掃などの作業を休館して行う期間です。点検期間については毎年異なりますので、別途お知らせしています。蔵書点検中はご不便をおかけしますが、図書館にとって必要不可欠な作業期間です。皆様のご理解とご協力をお願いします。

Q.館内放送で呼び出しをしてもらえますか?

原則として緊急時を除き呼び出しはおこなっていません。

Q.公衆電話はありますか?

図書館にはありません。交流館の公衆電話をご利用ください。

Q.館内の撮影はできますか?

許可なく館内および資料の撮影はできません。

Q.携帯電話のアドレスに図書館からのE‐メールが受信できないのですが?

携帯電話のメールアドレスに図書館からのメールが受信できない方は、以下の点についてご確認をお願いします。

◎よくある入力ミス例

  ・「@」アットマークや「.」ドットの入力忘れ
  ・「.」ドットが「,」カンマになっている
  ・アルファベットの大文字・小文字の間違い
  ・「-」ハイフンと「_」アンダーバーの間違い

◎受信拒否や指定受信など、迷惑メール対策の設定をご確認ください。

  ・迷惑メール防止設定(メールフィルター)・メールの指定受信をしている方
  ・パソコンからのメール受信拒否をしている方
  ・なりすまし・転送メール規制を設定している方

上記にあてはまる方は、以下のことをお試しください。

  ●図書館のメールアドレスまたはドメインを受信できるようにする(指定受信設定)
     アドレス指定受信の場合   koga-lib★fromjapan.org ※迷惑メール対策のため、@を★に変えてあります。
                                        設定をするときは、★を@に変えて入力してください。
     ドメイン指定受信の場合   fromjapan.org

迷惑メール防止等の設定をした覚えがないのに届かない、また、今までは届いていたのに急に届かなくなってしまった、という方もお試しください。解決することがあります。

下記の文字を使用しているメールアドレスは届かないことがあります。
  ・メールアドレスに全角文字を使用しているアドレス
  ・「.」ドットを連続して使用しているアドレス
  ・「@」アットマークの直前に「.」ドットを使用しているアドレス

Webサービスをご利用の方は、こちらもご覧ください。

このページのトップへ